代官山駅から徒歩3分|ヨガスタジオ 代官山Pleasure(プレジュア)

summer【連続講座・夏季】自分のためにヨガを学ぶ『ヨガにおけるエネルギー:プラーナとナディを学び、その存在を体感する』

minitrain

【連続講座・夏季】自分のためにヨガを学ぶ

『ヨガにおけるエネルギー:プラーナとナディを学び、その存在を体感する』全6回!

6月~8月:任意曜日指定 12:30~16:30(各日4時間)
■ 参考日時:月曜日:6月3日、17日/7月15日、29日/8月5日、19日(全6回/24時間)
※今回より任意日時での開催と致します
※開催可能曜日:月曜日/木曜日/金曜日/日曜日
※連続日時6回での受講はできません
受講料:78,000円(税込/事前振込制)
※希望者多数のため、分割に応じます。ご相談ください。
■ 受講料に含まれるもの
※月4回通えるチケット代(平日土日いつでも可)
■ 定員:8~9名
※少人数請負のため、お申し込みに悩んでいる方はお早めにご連絡下さい。
※満席となり次第、募集終了となります。
※ご理解ご協力をお願いいたします。
講師:本郷 美佳子(ISHTAyoga正式指導者/ヨガスタジオ代官山プレジュア代表)
summer1

■ エネルギーとはどこから来るのか

今年も夏の「ヨガにおけるエネルギー」を学ぶための夏季クラスが始まります。
ヨガと瞑想に欠かせないチャクラやプラーナ、ナディといったたくさんのエネルギー。
耳にしたことはあるけど、具体的に学ぶ機会はなかなか少ないものです。
おそらく誰もが意識する身近なものであるはずのに、この概念を説明するのは難しい。
ヨガの中のエネルギーって、いったい何なんだ?!
そういった質問を解消し、ヨガにおけるエネルギーの概念のベースを創る講座です。

■ イメージだけでなく、体感すること

ヨガでいわれているエネルギーはすべて「自分の身体の中」に実際に動き、通っているものです。
本気で「触りたい/見たい」と思えばそれを体感し、手にすることができます。
それは「なんとなくのスピリチュアル」で終わるものではなく、水や炎のように具現化されたものです。
ヨガの中で呼吸により作られたエネルギーが、どのように作用し、身体エネルギーとなり、自分自身に作用するのか。
目に見えない世界をしっかりと定義付けしましょう。
そして「実践」を通し、自分の身をもって体感します。

■ 酸素を吸うだけでないヨガを

ヨガは体内のエネルギーをダイレクトに動かす、エネルギーワークの側面をもっています。
目に見えないエネルギーを具体的に学び、身体でしっかりと確認し、そのエネルギーを使ってみましょう。
きっとヨガのプラクティスやエネルギーの質が変わります。

spring

■ ご予約・お問い合わせ

※お名前、ご連絡先を明記の上、クラス名に「連続講座」と題し、お問い合わせフォームからご予約をお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ

【連続講座・夏季】自分のためにヨガを学ぶ
『ヨガにおけるエネルギー:プラーナとナディを学び、その存在を体感する』全6回
■ カリキュラム構成
内容:座学 + 実践(下記は学習予定内容です)
:実践はプラナヤマとバンダが中心となります
・タントラ宇宙論におけるビッグバンの探求とマントラ
・生理学、解剖学的にみたエネルギー体の成り立ち
・クンダリーニシャクティの役割
・バンダ、呼吸のサイクル、呼吸の割合
・呼吸の基礎、アパジャバとパタディヤササ
・呼吸の重要性と実践
・アサナの中でのエネルギーの重要性
・エネルギーの動き、プラーナヴァーユを学ぶ
・シヴァとシャクティの話、エネルギーの質
・プラーナーヤーマを学ぶ意味と意義
・サマディの過程において重要なナディ
・イダ、ピンガラ、スシュムナナディの身体観
・身体の中の優勢ポイント、メリディアン
・目に見えない身体、シャリラとコーシャ
■ 定員:8~9名
連続講座として、前季受講者方を優先させていただいています。
少人数クラスのため、お申し込みに悩んでいる方はお早めにご連絡下さい。
満席となり次第、募集終了となります。ご理解ご協力をお願いいたします。
ヨガはエネルギー体と呼ばれる身体をも扱います。その中で頻繁に出てくるチャクラやナディ、プラーナといったエネルギー体としての自分の身体とその仕組みを理解し、より深くヨガの中でエネルギーを意識できる身体を培います。
もやっとしたエネルギーの世界は、ヨガの中でもハッキリと説明されることが少ないものです。単にスピリチュアルの世界の中の出来事、目に見えないものというだけでなく、ヨガにおける人間の発生学からしっかりと理論的に学びます。生理学的、解剖学的にもエネルギー体を考え、身体的チャクラの動かし方と、呼吸法や呼吸によって動かされるそのエネルギーにスポットを当てていきます。
■ 関連コラム>>アライメント・クラスへの想い
■ 関連コラム>>自分本来の力を発揮するために:アライメントを学ぶ意味
■ 関連コラム>>アライメントを整える意味と意義:瞑想への入口の身体

■ ご予約・お問い合わせ

※お名前、ご連絡先を明記の上、クラス名に「連続講座」と題し、お問い合わせフォームからご予約をお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ

■ 講師:MIKAKO (本郷 みかこ/ヨガスタジオ代官山プレジュア代表)

29382114410_d2f91bb2d2_k

■ プロフィール

ヨガ講師:ISHTAyoga正式指導者/ヨガスタジオ代官山プレジュア主宰、アーユルヴェーディックセラピスト

ライター・書籍編集者としてハードワークをこなすもメニエル病を発症、仕事を辞めざるを得なくなる。自分の好きを仕事に!という想いから、トリマー/トレーナーに転身、愛犬と共に自然治癒力や植物療法を勉強。自身の先天性の骨格異常による腰痛予防としてピラティスをこなす中、LA在住の姉に勧められハタヨガに出会う。離婚や愛犬の死を通し、自身の生活・環境・精神、すべてが激しく変化する経験の中、ヨガの大切さを痛感。長い時間をかけ、個を尊重し、瞑想と呼吸に主眼においたISHTAyogaの正式指導者となる。

現在はタントラに根付いたヨガの考え方を中心に「マインドフルネス」などを取り込み、日常生活の中でもヨガを生きる『be yoga』を意識しクラスを行っている。「自分を知り整える」最高のツールとしてヨガを日常に活かし、誰もが自分だけの個性の中で、生きていくことを望んでいる。

■ 資 格

・ISHTA yoga 正式指導者
・全米ヨガアライアンス500(500RYT)修了
・ISHTA Yoga Nidra 正式指導者
・ISHTA Restorative yoga 正式指導者
・ISHTA Purineitaru(maternity) yoga 正式指導者
・JIVAアーユルヴェーディックセラピスト
・Google社考案 米国SIYLI Search Inside Yourself 修了
・インド政府公認ヨガ講師 Sandhya Yoga Teacher Training 修了
・FLOW ARTS YOGA Teacher Training 修了
・masa yoga fullpractice 他受講

ISHTAyoga創始者アランフィンガーやサラフィンガー、マック久美子のもとでISHTAyogaを中心に学び、カルロス・ポメダ氏のタントラ哲学を学ぶ。

ISHTA YOGAだけに偏ることなく多くのヨガの姿を見てから、自分にとってのベストなヨガの姿を探したい!という思いをもつ。瞑想を学びながら、ジバムクティヨガ、マイソールスタイルでのアシュタンガヨガ、シバナンダヨガ、さらに伝統的なインドのヨガを学ぶ。また、自由な形でのアサナを求めて、佐藤ベジ氏の下でBTYやダーマヨガなども体感。多くの流派の垣根を越えてインテグレートにヨガを学ぶことを楽しんでいるのが特徴。

■ メッセージ

ヨガは、誰もがいつでもどこでもできる、「自分と向き合い、自分の土台に帰る時間」
心と身体、エネルギーのつながりを実感し、大地を踏みしめて「自分の在り方」を練習することです。
クラスの中だけでなく、スタジオのドアを出て日常生活に戻っていっても、
自分を見失わずに「ありのままの自分で生きていける人になれるためのクラス」を心がけています。
そして必ず、自分にとってベストなヨガの姿があります。
細く長く続けられる方法を、一緒に考え、見出しましょう!

>>mikako.jp